時間のマナー

LINEで送る
Delicious にシェア
Pocket

「時間のマナー」についてお話したいと思います。

では、実例を考えてみましょう。

友達と待ち合わせをしています。
自分は約束の時間の5分前に到着。
友達はまだ来ておらず。

待ち合わせ時間を30分過ぎても、まだ来ず。
連絡もなし。

どんな気持ちになりますか?
イライラしますよね。
なんで来ないの!って。

最近は携帯電話を持っている人が大半なので、「ごめん、今道が混んでて遅れる…。」というやりとりができるかもしれませんが、「連絡すればいい」といった問題ではありませんね。

もちろん、連絡することは必要なことだと思います。

どうしたんだろう、という相手の心配をぬぐい去ったり、来るまでにどう過ごすかということを相手が考えられるからです。

でも、待ち合わせの時間に遅れる、ということは基本的にはタブーだと思います。

大事な商談に遅れる。
就職活動中、最終面接の時間に遅れる。
なんて、考えらませんよね。

それと同じです。

「待つ身は長い」これはほんとうに良く出来た言葉だと思います。

待たされる側はほんとうに長いのです。

時間に遅れないことが大前提、もしどうしても遅れる場合は「どれくらい遅れそうなのか」を謝罪とともにきちんと連絡することがマナーですね。

時間のマナー【マナー研修講師が教えるビジネスマナー講座】

LINEで送る
Delicious にシェア
Pocket